体験したことや世の中の出来事、気になって調べたことなどを記録してゆきます。

1pipsは何円?ドルストレート 編

スポンサードリンク



FXでユーロ/ドルやポンド/ドルなどの場合、1pipsは何円になるんやろか?
前回のクロス円編の続きです。


前回の記事で書きましたが、外国通貨対日本円の場合は、
USD/JPY というように右側が日本円になりますよね。


日本の場合は、日本円を中心に考えるので

1pips=1銭だから簡単ですね。


しかしFXの通貨ペアでいうと、
「外国通貨/日本円」だけじゃなく

「外国通貨/外国通貨」ってのもあるよね。





主要通貨ペア(日本円以外)


例えばFX取引で人気のある通貨ペアでいうと、


■EUR/USD(欧州ユーロ/米ドル)

取引量がもっとも多い通貨ペアで、
比較的テクニカル分析が機能しやすいと言われています。



■GBP/USD(英ポンド /米ドル)

ボラティリティ(値幅)が大きいので短期売買に向いていて
利益も損失も大きくなりやすいようです。

熟練者好みらしい。



世界的な通貨である

・ドル
・ユーロ
・ポンド
・円

というのは流通量とマーケットの大きさは株取引の比ではないようですね。



EUR/USDやGBP/USDだと、右側の米ドルを中心と考え、

このように右側に米ドルが位置する通貨ペアを「ドルストレート」って言います。

なんかポーカーみたい。^^;



クロス円以外だと「円」や「銭」とかの概念はないですから

基本的にpipsで表現するってわけです。





ドルストレートの円換算方法


米ドルの1pipsは0.0001ドルだから、
これを日本円に換算すれば良いわけですよね。

そして当然、その時の為替レートによって違ってきます。


この記事を書いている時点での米ドル/円相場は、1ドル/101.84円

なので、米ドルの1pips=0.0001ドル=0.010184円

ってことになります。



計算式は

101.84円×0.0001ドル=0.010184円

なので米ドルの1pips=0.010184円

ですね。



例えばEUR/USDを1万通貨で売買した場合

米ドルの1pips=0.010184円×10000通貨=101.84円の損益

なので1pips動けば、日本円換算で101.84円の損益が発生します。



前回の記事「1pipsは何円?1pipsの損益って?」でも書きましたが、

取引単位により同じ1pipsの変動でも損益額が違ってきます。

ここは、しっかりと理解しておきましょうね。



以上のことをしっかりと理解しておけば、

どの通貨でも日本円に換算できますし

あなたも「pips博士」間違いなし!

(^o^)丿



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

関連記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る